新車と中古車の購入メリットとデメリット

新車にするか、中古車にするか

車を購入する際、最初の選択として新車にするか、中古車にするかを決めなければいけません。

 

同じ車種でも新車の方がお得に購入できる場合もあれば、中古車の方が得をする場合もあります。後々後悔しないように、新車と中古車の違いをおさらいしておきましょう。

 

まず、車を所有する上で必要になる車検と税金にも違いがあります。新車は購入後3年、中古車は最長2年で車検を受けなければいけません。その際、重量によって税額が変わる自動車重量税は新車が3年分、中古車は2年分まとめて先に支払う必要があります。また、毎年4月1日時点の車の所有者に対して課せられる自動車税も、車種や排気量、また重量や初年度登録からの経過年数により税額が異なってきます。

 

中古車を選ぶ際は、車両本体価格に車検整備費が含まれているかもチェックポイントになります。車検が切れている状態の車に対して、法定24ヶ月定期点検整備が施され、尚且つ車両本体価格に費用が含まれている車は、車検整備付きと表示されるのに対し、車検整備無しの場合、車検切れの車に対して車検のみを実施していることを指します。その他比較対象として維持費の問題があります。

 

3年後の初回車検までは大きな不具合も生じないであろう新車に比べ、中古車は部品などの消耗品が早めに交換時期が来る可能性も頭に入れておかなければなりません。主な維持費としてガソリン以外にもフィルターを含めたオイルチェックやワイパー、室内外のエアコンフィルターなど6ヶ月12ヶ月の各定期点検費用などが共通となります。

 

また、維持していく上で大きな差が生まれやすいのがガソリン代です。ハイブリッドカーの様なエコを代表する車が台頭してきた現在、燃費のよい車種を選ぶ事で、より恩恵を受けやすくなりました。例えばガソリン1リットルあたり、通常の乗用車で7〜10kmだとすると、ハイブリッドカーでは20kmを超える事もあります。1年間で10万円程差がつく可能性も考慮すると、燃費性能は購入時に外せないポイントとなりそうです。中古市場でも人気のあるハイブリッドカー、検討するポイントにしてみて下さい。

 

関連ページ

車の売買契約を解約する最適な方法は
新潟市の中古車の車買取査定の無料一括サービスで簡単に査定をすることが出来ます。たった1分の入力作業で、愛車の買取り価格が調べることが出来ます。スマホに完全対応ですので、あっとゆうまに完了です。スマホからでも簡単に出来るのでとても便利なサービスです。高く売りたいならネット査定が, 今では常識ですよね。
やってはいけない3つの販売店の選び方とは
新潟市の中古車の車買取査定の無料一括サービスで簡単に査定をすることが出来ます。たった1分の入力作業で、愛車の買取り価格が調べることが出来ます。スマホに完全対応ですので、あっとゆうまに完了です。スマホからでも簡単に出来るのでとても便利なサービスです。高く売りたいならネット査定が, 今では常識ですよね。